乳酸菌サプリ メリット

乳酸菌「植物性」「動物性」の違いって?

『乳酸菌サプリにも色々ありますが、
よく「植物性乳酸菌」を謳ったものを見かけます。

 

動物性に比べて胃腸に負担がなさそうと思うのですが、

 

実際に動物性乳酸菌と植物性乳酸菌は
どのように違うのでしょうか?

 

植物性であるメリットとは?』

 

乳酸菌にも色々と種類がありますが、大きく分けると
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がありますね。

 

単純に「乳酸菌」という菌だけに注目すれば
どちらであってもそれほど違いがないようにも感じますが
実際のところはどうなのでしょうか?

胃酸に弱い?腸に届く?届かない?

簡単にいうと、動物性とか植物性の違いは乳酸菌が
どういった環境で増えていくのか、という違いなのだそうです。

 

動物性乳酸菌は主にヨーグルトやチーズに含まれていて、
植物性乳酸菌は日本で古くからなじみのある漬物や味噌、醤油と言った
発酵食品に含まれています。

 

動物性乳酸菌はとても整った環境にすんでいます。
そのため、逆境に弱いと考えられており
一般的に胃酸などに弱く、腸に届かずに分解してしまうことが多いと
されています。

 

ただし、分解されてしまった乳酸菌も整腸作用には欠かせません。
腸にいる善玉菌のエサとなり
その働きをサポートするのに大切な役割を果たします。

 

整腸作用だけでなく、インフルエンザの予防やアレルギー緩和などに
重点をおいたヨーグルトなども出ていますね。

 

次に、植物性乳酸菌は味噌や漬物などに含まれているので
他の微生物と共存というスタイルで生息しています。

 

なので、整った環境にいる動物性乳酸菌よりも
植物性のほうが強くてしっかりと腸にまで届きやすいのだそうです。

 

植物性乳酸菌は、腸内環境を整えて便通をよくしてくれます。
さらに、免疫力をあげることによってアレルギーを緩和させる効果などが
報告されているそうです。

種類のひとつひとつは特徴や働きが違うんです

そもそも、植物性乳酸菌を多く含む漬物や味噌といった食品を
古くから食べていた習慣がある日本人には植物性乳酸菌のほうが
相性が良いともされています。

 

こう考えると、動物性よりも植物性のほうが絶対的に良いのではないかと
思えてしまいますが、その限りではありません。

 

性質や働きから乳酸菌は動物性と植物性に大きく分けられますが
それぞれの乳酸菌の中でも種類は数多くあるのです。

 

また、その種類のひとつひとつは特徴や働きが違うので
どれかひとつだけを極端に摂取すればよいというわけではないのです。

 

自分が求めている作用を期待できる乳酸菌をサプリメントで補いつつ、
食事では漬物などを食べて植物性乳酸菌を、
食事の後にはヨーグルトを食べて動物性乳酸菌をというように
バランスよく取り入れるのが理想的ですね。

 

 

 >> 私の目的別おすすめ乳酸菌リストはこちら